03-XXXX-XXXX

Cart

アイピル 1錠

アイピル 1錠

¥1,480

i-pill(アイピル)は、有効成分のレボノルゲストレルを含有した緊急避妊剤です。日本で取り扱いされているノルレボと同成分です。

i-pill(アイピル)は、性交後に緊急に妊娠を防ぐために用いる薬です。

比較する
カテゴリー:

Share this product

i-pill(アイピル)は、有効成分のレボノルゲストレルを含有した緊急避妊剤です。日本で取り扱いされているノルレボと同成分です。

i-pill(アイピル)は、性交後に緊急に妊娠を防ぐために用いる薬です。

i-pill(アイピル)に含有されている有効成分のレボノルゲストレルは、黄体ホルモンです。一時的に黄体ホルモンの体内濃度を上昇させることにより排卵を抑制し、また子宮内膜の増殖を抑えることで受精卵の着床を防いだり、子宮内に精子を入りにくくすることにより、性交後に緊急に妊娠を防ぎます。
◆効果
緊急避妊

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
◆用法
性交後72時間以内にレボノルゲストレルとして1.5mg(1錠)を1回経口投与する。
◆注意事項
本剤は、性交後72時間以内に服用してください。
(海外臨床試験において、性交後 72 時間以内にレボノルゲストレル製剤 1.5mg を 1 回服用した際の妊娠阻止率は 84%であり、72 時間を超えて服用した場合には 63%に減弱する傾向があると報告されています。)

本剤は、直ちに医師から指示された量を服用してください。
本剤は、性交後の妊娠を避ける薬であり、飲むことによって、完全に妊娠を回避できるものではありません。計画的に避妊する場合は、経口避妊薬など避妊効果の高い方法で避妊してください。
薬を飲んだ後の不正子宮出血や妊娠初期の出血は通常の月経と区別がつかないことがありますので、適切な時期に受診してください。
本剤は服用中にセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む食品は摂らないでください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある女性
重篤な肝障害のある方
妊婦
◆副作用
頭痛、傾眠、消退出血、不正子宮出血、悪心、けん怠感などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
◆成分
Levonorgestrel 1.5mg

レボノルゲストレル 1.5mg
◆商品別名(日本名)
ノルレボ(あすか製薬)、レボノルゲストレル錠「F」(富士製薬工業)
◆その他
Acme Formulation Pvt. Limited

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。