Cart

アクトス・ジェネリック15mg 30錠

アクトス・ジェネリック15mg 30錠

¥4,980

ピオグリタゾン錠は、高くなってしまった血糖値を下げ、糖尿病を治療することができるお薬です。
日本でも承認・販売されているアクトス錠のジェネリック医薬品として製造されています。
ピオグリタゾン錠は、世界的に有名な製薬企業であるMylan(マイラン)社によって製造・販売されています。
世界的な製薬企業によって製造されているだけあり、先発品であるアクトス錠と同等の血糖値低下効果を得ることができます。
1日1回服用することで血糖値を強力に下げることができ、糖尿病によって将来起こるかもしれなかった失明や腎機能障害等を予防することができます。

在庫切れ

比較する
カテゴリー:

Share this product

ピオグリタゾン錠は、高くなってしまった血糖値を下げ、糖尿病を治療することができるお薬です。

日本でも承認・販売されているアクトス錠のジェネリック医薬品として製造されています。

ピオグリタゾン錠は、世界的に有名な製薬企業であるMylan(マイラン)社によって製造・販売されています。

世界的な製薬企業によって製造されているだけあり、先発品であるアクトス錠と同等の血糖値低下効果を得ることができます。

1日1回服用することで血糖値を強力に下げることができ、糖尿病によって将来起こるかもしれなかった失明や腎機能障害等を予防することができます。
ピオグリタゾン錠の効果・効能

2型糖尿病

<効能・効果に関連する使用上の注意>

糖尿病の診断が確立した患者に対してのみ適用を考慮すること。
糖尿病以外にも耐糖能異常・尿糖陽性等、糖尿病類似の症状(腎性糖尿、老人性糖代謝異常、甲状腺機能異常等)を有する疾患があることに留意すること。

ピオグリタゾン錠の有効成分

有効成分はピオグリタゾンです。

1錠中にピオグリタゾンとしてを含有しています。

ピオグリタゾンは血糖値を下げることができるホルモン「インスリン」の働きを高めることによって、高血糖を改善します。

通常、2型糖尿病の治療に用いられます。

ピオグリタゾンは末梢(筋肉組織、脂肪組織)及び肝臓におけるインスリン抵抗性を改善することにより、末梢では糖の取り込み及び糖の利用を促進し、肝臓では糖の放出を抑制して血糖を低下させます。
用法と用量

食事療法、運動療法のみの場合及び食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤又はα-グルコシダーゼ阻害剤若しくはビグアナイド系薬剤を使用する場合
通常、成人にはピオグリタゾンとして15~30mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、性別、年齢、症状により適宜増減するが、45mgを上限とする。
食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用する場合
通常、成人にはピオグリタゾンとして15mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、性別、年齢、症状により適宜増減するが、30mgを上限とする。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

浮腫が比較的女性に多く報告されているので、女性に投与する場合は、浮腫の発現に留意し、1日1回15mgから投与を開始することが望ましい。
1日1回30mgから45mgに増量した後に浮腫が発現した例が多くみられているので、45mgに増量する場合には、浮腫の発現に留意すること。
インスリンとの併用時においては、浮腫が多く報告されていることから、1日1回15mgから投与を開始すること。本剤を増量する場合は浮腫及び心不全の症状・徴候を十分に観察しながら慎重に行うこと。ただし、1日量として30mgを超えないこと。
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、1日1回15mgから投与を開始する ことが望ましい。

副作用

有効成分ピオグリタゾンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用として、浮腫が起こることが報告されています。
重大な副作用として、心不全が増悪あるいは発症、肝機能障害、黄疸、低血糖症状等が起こることが報告されています。

これら以外にも、ピオグリタゾン錠を服用して副作用を起こすおそれがあります。

ピオグリタゾン錠を服用して、何か気になる症状があれば医師・薬剤師に相談するようにしてください。
使用禁忌・併用禁忌

<禁忌内容とその理由>

心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者[動物試験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられており、また、臨床的にも心不全を増悪あるいは発症したとの報告がある。]
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となる。]
重篤な肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、蓄積するおそれがある。]
重篤な腎機能障害のある患者
重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

使用にあたって注意事項

<重要な基本的注意>

循環血漿量の増加によると考えられる浮腫が短期間に発現し、また心不全が増悪あるいは発症することがあるので、下記の点に留意すること。
心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者には投与しないこと。
服用中の浮腫、急激な体重増加、症状の変化に注意し、異常がみられた場合には直ちに本剤の服用を中止し、受診するよう患者を指導すること。
心電図異常や心胸比増大があらわれることがあるので、定期的に心電図検査を行うなど十分に観察し、異常が認められた場合には投与を一時中止するかあるいは減量するなど慎重に投与すること。

保管方法

室温保存

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。