Cart

アスタリン(サルブタモール)2mg 90錠

アスタリン(サルブタモール)2mg 90錠

¥2,880

アスタリンは、気管支のぜんそく発作の予防薬で、気道が拡がり、通過する空気の量が増えれば呼吸の回数も楽になり、アドレナリンβ2受容体を刺激しぜんそく発作を改善するリリーバーと呼ばれる場合もあります。

比較する
カテゴリー:

Share this product

アスタリンは、気管支のぜんそく発作の予防薬で、気道が拡がり、通過する空気の量が増えれば呼吸の回数も楽になり、アドレナリンβ2受容体を刺激しぜんそく発作を改善するリリーバーと呼ばれる場合もあります。

ぜんそくの長期管理に使用されたり、セキ、呼吸器の炎症、筋骨格の痛み、気道感染症の治療に使用されます。
アスタリンの効果

自律神経系に作用し、気管支平滑筋を弛緩させ、炎症や腫れなどによって収縮した気管支を拡張させる効果があります。

気管が広がることで、呼吸を楽にさせる効果が期待できます。
アスタリンの作用時間

通常3時間の効果が持続するとされています。
アスタリンの適応症状

アスタリンは、次の症状を改善します。

・気管支喘息の方
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)の方
・慢性気管支炎の方
・肺気腫にお悩みの方
・肺結核にお悩みの方
アスタリンの有効成分

有効成分は、β2アドレナリン受容体刺激成分に分類されるサルブタモール硫酸塩になります。

1960年代にグラクソスミスクライン社で研究・開発され、気管支拡張剤として世界で最も処方されている薬剤成分になります。

製薬会社

シプラ

シプラはインドに拠点を置く80年以上の歴史を誇る製薬会社です。
新興国のHIV患者向けに安価のエイズ治療薬を製造しています。
AGA治療薬「フィンペシア」、ED治療薬「タダシップ」など数多くのジェネリック医薬品を取り揃えています。

アスタリンの服用方法

1回4mgを1日3~4回服用します。

なお、症状により適宜増減します。
アスタリンの推奨用量

成人の場合は、1回4mgを1日3~4回服用します。

高齢者の場合は、1回2mgを1日3~4回服用します。

1回の最大量は成人の場合は8mg高齢者の場合は4mgとなっています。
アスタリンの服用時の注意

飲み忘れた場合は、気づいた時点で1回分を服用します。

次回の服用が迫っている場合には次回の服用分から服用しても大丈夫です。

2回分以上をまとめて飲むことはしないでください。
副作用

主な副作用

主な副作用は、動悸・気道刺激症状・悪心・脈拍増加・頭痛などの報告があります。

異常を感じた場合には使用を中止し、医師の診察を受けてください。
重大な副作用

低カリウム血症(多尿・高血圧・不安・イライラ・睡眠障害・便秘など)、アレルギー症状(痒み・発疹・蕁麻疹・血管浮腫など)、上室性頻脈、心房細動などが報告されています。
効果・副作用が強いと感じた場合

直ちに使用を中止するようにしましょう。また、症状がひどい場合は病院へ受診しましょう。
副作用がアレルギー症状の場合は、用量に関わらず再度使用により重篤なアナフィラキシー症状を引き起こす場合もあるため、使用は避けるようにしましょう。
使用上の注意

アスタリンの服用に注意する人

次の人は、使用に注意する必要があります。

・甲状腺機能亢進症の患者
甲状腺ホルモンの分泌促進により症状を悪化するおそれがあります。

・高血圧の患者
α及びβ1作用により血圧上昇を起こすおそれがあります。

・心疾患の患者
β1作用により症状を悪化するおそれがあります。

・糖尿病の患者
グリコーゲン分解作用及びステロイドの作用により症状を悪化するおそれがあります。

使用前にかかりつけ医師にご相談ください。
アスタリンの併用注意

併用注意薬は、アスタリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・カテコールアミン
・キサンチン誘導体
・ステロイド剤
・利尿剤

使用前にかかりつけ医師にご相談ください。
アスタリンを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。

・アスタリンまたは配合成分に対して過敏症の既往歴がある方

上記に該当する人が、この薬を使用することにより、副作用が強く出る場合があります。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。