Cart

アモライフ (アモキサン ジェネリック) 50mg 100錠

アモライフ (アモキサン ジェネリック) 50mg 100錠

¥5,500

アモライフ (AMOLIFE) の主成分であるアモキサピンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。第2世代の三環系抗うつ薬と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。
アモキサピンは、心を落ち着かせるセロトニンや、意欲を高めるノルアドレナリンなどの神経伝達物質のモノアミンを増加させ、うつ病の改善に効果があり、このモノアミンはアミントランスポーターという物質によって再度神経細胞へと回収されますが、アモキサピンはアミントランスポーターを抑える働きもあります。

比較する
カテゴリー:

Share this product

アモライフ (AMOLIFE) の主成分であるアモキサピンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。第2世代の三環系抗うつ薬と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤で、強力な効果がある薬です。

日本でも処方されているアモキサンのジェネリック医薬品で効果の発現が早く、抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。

アモキサピンは、心を落ち着かせるセロトニンや、意欲を高めるノルアドレナリンなどの神経伝達物質のモノアミンを増加させ、うつ病の改善に効果があり、このモノアミンはアミントランスポーターという物質によって再度神経細胞へと回収されますが、アモキサピンはアミントランスポーターを抑える働きもあります。
使用方法・服用方法・飲み方
1回の用量 1回半錠~1錠(アモキサピンとして25〜75mg)
1日の服用回数 1回~
1日の限度量 アモキサピンとして150mg
服用のタイミング 毎日決まった時間に服用

アモライフ (AMOLIFE) の服用方法は毎日決まった時間に1日25〜75mgを1回〜数回に分けて服用します。

効果や症状いよって増減しますが一日に150mgを超えない範囲内で使用ください。
副作用・注意点

主な副作用
口渇、便秘、めまい、眠気

アモライフ (AMOLIFE) の副作用として口渇、便秘、めまい、眠気などが報告されています。

排尿困難や眼内亢進のある方は抗コリン作用によって症状が悪化する恐れがあります。

服用する際は一度に大量の経口投与を行ってしまうと、予期せぬ副作用症状が起こる可能性がありますので、用法は正しくしてください。

自殺願望や自殺企図があったり既往歴のある方は、自殺願望や自殺企図が生じる恐れがあります。

急激な減量や服用中止は強い離脱症状が生じる恐れがありますので医師と相談の上服用ください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。