Cart

コルヒチン ( ジコルチン ) 0.5mg 30錠

コルヒチン ( ジコルチン ) 0.5mg 30錠

¥3,380

コルヒチン(ジコルチン)0.5mgは、痛風発作による痛みの緩和及び予防に用いられてるお薬です。

痛風発作に特異的な作用を有しており、服用することで痛風発作による耐え難い痛みを解消することができます。

2016年には遺伝性疾患である家族性地中海熱に対する保険適用も認められ、その用途が更に広まりました。

痛風の発作が起きてから早めに服用すればするほど効果的が期待できるので、尿酸値の高い方は予め購入しておき、常備薬として置くのもおすすめです。

比較する
カテゴリー:

Share this product

コルヒチン(ジコルチン)0.5mgは、痛風発作による痛みの緩和及び予防に用いられてるお薬です。

痛風発作に特異的な作用を有しており、服用することで痛風発作による耐え難い痛みを解消することができます。

2016年には遺伝性疾患である家族性地中海熱に対する保険適用も認められ、その用途が更に広まりました。

痛風の発作が起きてから早めに服用すればするほど効果的が期待できるので、尿酸値の高い方は予め購入しておき、常備薬として置くのもおすすめです。
使用方法・服用方法・飲み方
1回の用量 症状によって異なる
1日の服用回数 1回~8回

◆痛風発作の緩解及び予防

通常、成人にはコルヒチンとして1日3~4mgを6~8回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

発病予防には通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5~1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口投与する。

◆家族性地中海熱

通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5mgを1回又は2回に分けて経口投与する。なお、状態により適宜増減するが、1日最大投与量は1.5mgまでとする。

通常、小児にはコルヒチンとして1日0.01~0.02mg/kgを1回又は2回に分けて経口投与する。なお、状態により適宜増減するが、1日最大投与量は0.03mg/kgまでとし、かつ成人の1日最大投与量を超えないこと。
副作用・注意点

主な副作用
全身の瘙痒、発疹、発熱、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、腹部疝痛など

コルヒチン(ジコルチン)0.5mgの副作用は、全身の瘙痒、発疹、発熱、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、腹部疝痛などが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こす恐れがあります。もし、異常を感じたらすぐに服用を中止して、医師に相談して下さい。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。