03-XXXX-XXXX

Cart

シラグラ(バイアグラ・ジェネリック)100mg 10錠

シラグラ(バイアグラ・ジェネリック)100mg 10錠

¥3,280

シラグラの主要成分であるシルデナフィルは勃起不全の治療薬としては先駆けであり、他の同類薬品と比べると比較的副作用が多く、効果の発現にまで時間がかかると言われています。しかし、こうした作用は個人差がありますので、勃起不全の治療薬として多くの現場で選択されていることに変わりはありません。

比較する
カテゴリー:

Share this product

商品詳細

シラグラ 100 mg

シラグラの有効成分であるシルデナフィルは、もともと狭心症治療薬として開発されていたものです。しかし、臨床試験において、狭心症への効果は薄かったのですが、偶然勃起不全に対して効果があることが確認されたのです。結果として、勃起不全を効能効果として発売されたという、珍しい経緯があります。

バイアグラはアメリカで発売されるや否や、画期的な新薬であるとして売り上げを伸ばし、多くのジェネリックなども存在しています。このシラグラもそのようなジェネリックのひとつとしてよく知られています。また、バイアグラは、日本においても画期的な新薬であるということから、大変短い期間で、1999年に許認可を取得しています(発売はファイザーの日本法人)。

概して、海外で発売された新薬が日本の病院で正しく使われるようになるまでには、海外の発売から数年以上待たなくてはならない、というのが日本の許認可における現状です。ですから、海外では使用されているのにも関わらず、日本では未だに使用できないというケースは意外に多くあります。

シラグラの有効成分であるシルデナフィルは、陰茎の海綿体における血流を阻害する酵素PDE5を阻害する、という効果を持っています。これにより、海綿体の血管を拡張させ、勃起不全の効果を誘発させます。

このため、シルデナフィルの血管拡張作用が他の疾患に利用できないか、という研究もされています(例:慢性心不全、肺高血圧症、急性肺障害など)。

また、アメリカではシルデナフィルが100mg含有されたバイアグラが発売されていますが、現在のところ日本では100mgの製造承認が下りていない為、医療機関でも手にすることが出来ません。

医療機関でバイ・ ・ラを手に入れるためには、医師の処方箋が必要とされます。また、健康保険の適用外のため、各医療機関が各自で価格を設定できますが、一般的に1錠1,500円~2,000円程度で販売されているようです。

なお最近、主成分のシルデナフィルに大腸がんのリスクを軽減させる可能性があるという研究結果が報告されています。詳細については以下の記事をご覧ください。

「 バイアグラが大腸がんのリスクを軽減する」という研究結果 」(【ニューズウィーク日本版】より)

 

他の商品との比較

シラグラの主要成分であるシルデナフィルは勃起不全の治療薬としては先駆けであり、他の同類薬品と比べると比較的副作用が多く、効果の発現にまで時間がかかると言われています。しかし、こうした作用は個人差がありますので、勃起不全の治療薬として多くの現場で選択されていることに変わりはありません。

 

特別な注意

シラグラは1日1回までの服用とし、服用間隔は24時間以上空けてください。また、一度に2回分を同時に服用しないで下さい。また、もしも勃起が4時間以上継続する場合、早急に医師の診断を受けるようにしてください。

シラグラの服用にあたって、一時的に視覚に障害が発生する可能性があります(視界不良・色覚異常)。そのため、高所の作業・車の運転等の精密な作業においては、充分注意が必要です。

シラグラは、あくまで勃起不全の治療ですから、性欲の増進などの効果はありません。また、勃起には、服用後の性的刺激が必要です(刺激のない状態で勃起するという効果はありません)。

また、万が一カベルタを服用時に狭心症発作に見舞われた場合、必ず医療関係者にカベルタ(クエン酸シルデナフィル)を服用していることを告げることが必要です。その事実を伝えずに硝酸塩系薬剤を投与された場合、命にかかわる非常に重大な事態に陥る可能性があります。

 

他の薬との併用

シラグラと一般的にニトロと称される硝酸・一酸化窒素供与剤との併用は、降圧作用が増強する副作用があります。これは警告として併用禁忌事項ですので、シラグラを使用する前にこうした製剤を常用していないかに充分注意する必要があります。

 

副作用

シラグラの主要成分であるシルデナフィルにおいては、死亡例の副作用があります。心筋梗塞等の重篤な心血管系などの有害事象が報告されていますので、使用にあたっては、心血管障害の有無については、充分な確認が必要となります。

その他、一般的な副作用としては、頭痛・ほてり・めまい・動悸などがあります。こうした副作用は、血管拡張の効果によるものですから、時間経過と共に治まる傾向にあります。もし継続する場合は、医師に相談することをお勧めします。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。