03-XXXX-XXXX

Cart

マーベロンジェネリック(JULIANA)21錠

マーベロンジェネリック(JULIANA)21錠

¥1,750

マーベロンジェネリック(JULIANA)は、世界的に有名で大人気である低用量ピルで、シノケム・ファーマシューティカル社が製造販売を行っています。日本で有名な「マーベロン」のジェネリック医薬品です。

比較する
カテゴリー:

Share this product

効果・効能

効果のある主な症状
避妊、生理痛、生理不順

マーベロンジェネリック(JULIANA)は、世界的に有名で大人気である低用量ピルで、シノケム・ファーマシューティカル社が製造販売を行っています。日本で有名な「マーベロン」のジェネリック医薬品です。経口避妊薬として利用されることが多いですが、月経前症候群(PMS)、月経困難症、子宮内膜症といった症状にも効果を発揮します。

女性のカラダは妊娠している間は新たに排卵が起きない仕組みとなっていますが、マーベロンジェネリックを服用することで女性ホルモンを調整することで、擬似的な妊娠状態を作ることができます。その結果として、高い確率で避妊効果を得ることができます。

服用方法としては、21錠を毎日服用して1週間休むといったサイクルを繰り返すことになります。手間にはなりますが、正しく服用することで、約99%の確率で避妊することができますので、望まない妊娠を防ぎたい場合は、手元においておくといいでしょう。

使用方法・服用方法・飲み方
1回の用量 1錠(デソゲストレルとして0.15mg/エチニルエストラジオールとして0.02mg)
1日の服用回数 1回まで
服用間隔 21日間連続毎日決められた時間
服用のタイミング 毎日決められた時間

マーベロンジェネリック(JULIANA)の服用方法は、成人女性はジュリアナを21日間、毎日同じ時間帯に1日1回1錠服用するようにしてください。

また基本的には生理開始日から服用を開始するのが望ましいとされています。

生理開始日以外の日から服用の場合には、7日間は十分な避妊効果が得られないため、その期間はコンドームなどしっかりと避妊対策を行うようにしてください。
副作用・注意点

主な副作用
血栓、乳房痛、乳房の張り、めまい、頭痛、吐き気

マーベロンジェネリック(JULIANA)の副作用として、血栓、乳房痛、乳房の張り、めまい、頭痛などの報告があります。万が一異常を感じた場合にはすぐに服用を中止し、医師に相談するようにしてください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。