Cart

ルプラックジェネリック(Dytor)5mg 30錠

ルプラックジェネリック(Dytor)5mg 30錠

¥980

ダイトール(Dytor)は、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿医薬品です。

ルプラックのジェネリック医薬品でシプラ社が開発した利尿降圧剤です。

比較する

Share this product

ダイトール(Dytor)は、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿医薬品です。

ルプラックのジェネリック医薬品でシプラ社が開発した利尿降圧剤です。

ダイトールの主成分トラセミドが体内の不要な老廃物を尿と共に排出する為、高いデトックス効果が期待でき、利尿剤として人気のあったラシックス(フロセミド)の代用薬としても人気のループ利尿薬でダイトール(有効成分トラセミド)はラシックス(有効成分フロセミド)の10倍と強い利尿効果があります。

また新しいループ利尿薬であるダイトール(トラセミド)は、フロセミドと比較してカリウム保持性に優れている為、カリウム不足にもなりにくい特徴があり、安全性が高く利用する事ができます。

また、ラシックス(フロセミド)よりも「強力で効き目が長め」と言われており、フロセミドの副作用であるカリウム不足にもなりにくい特徴があります。

体の中の老廃物が排出されずに、体内に溜まったままだと、細胞が水分を含みすぎて、むくみとなり、さらに脂肪細胞へと変化してしまい、体内に蓄積され脂肪やセルライトとなる原因になりますので、むくみを取りたい方に人気があります。
使用方法・服用方法・飲み方
1回の用量 1回1錠(トラセミドとして5mg)
1日の服用回数 1~2回まで
服用間隔 連日または隔日

ダイトール(Dytor)の飲み方は、1日5mgを1~2回に服用します。

女性の方で足の浮腫みを解消することが目的の場合は、まずは1錠から始めて様子を見ながら1回の量を増やすのもよいでしょう。

持続時間は平均4~6時間と言われており、服用後、約1時間ほどで効果が現れます。

朝起きた際の浮腫みを取りたいのであれば、夜の寝る前に服用していただいても問題ありませんが、お手洗いに行く回数が多くなりますので、朝、または昼の服用がおすすめです。
副作用・注意点

主な副作用
頭痛、貧血、めまい、倦怠感、食欲不振、低カリウム血症

ダイトール(Dytor)の副作用として頭痛、貧血、めまい、倦怠感、食欲不振、低カリウム血症などが報告されています。

強い利尿作用があり効果時間も平均4~6時間と長い為、睡眠前の服用は注意が必要です。

また、トラセミドに過剰反応がある人や肝疾患、肝機能障害、危篤な腎障害のある人、妊娠中や授乳中の人は服用できませんので、ご注意下さい。

万が一、副作用が酷いものとなった場合や上記の副作用以外が表れた場合は、早急にお近くの病院にて診察を受けるようにしてください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。