Cart

ベガ(バイアグラ・ジェネリック)100mg 4錠

ベガ(バイアグラ・ジェネリック)100mg 4錠

¥1,780

ベガ(バイアグラジェネリック)100mgは、強力な勃起を促してくれる勃起不全(ED:Erectile Dysfunction)治療薬です。

比較する
カテゴリー:

Share this product

ベガ(バイアグラジェネリック)100mgは、強力な勃起を促してくれる勃起不全(ED:Erectile Dysfunction)治療薬です。
世界的に有名なED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品として製造・販売されています。
1980年代初頭に設立されたインドの製薬企業HAB Pharmaceuticals&Research Ltd.(ハブ・ファーマシューティカルズ&リサーチ社)によって製造・販売されており、服用することで先発品と同等の効果を得ることができます。
性行為の1時間前に服用することで強力な勃起誘発効果を発揮し、射精をしたとしても性的刺激を受けることで何回でも勃起することができるので、性行為を何回も楽しむことができます。

ベガ(バイアグラジェネリック)100mgの効果・効能

勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)

ベガ(バイアグラジェネリック)100mgの有効成分

有効成分はシルデナフィルです。
用法と用量

日本では、有効成分シルデナフィルを100mg含有している医薬品は承認されておらず、日本人向けの用法・用量はありません。

例として、海外で承認されているシルデナフィル100mgおよび、日本人向けに承認されているシルデナフィル25~50mgの用法・用量は下記の通りです。

<海外で承認されている用法・用量>

推奨用量として1日1回50mg、症状により25mg~100mg。

<日本で承認されている用法・用量>

通常、成人には1日1回シルデナフィルとして25mg~50mgを性行為の約1時間前に経口投与する。
高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある患者については、本剤の血漿中濃度が増加することが認められているので、25mgを開始用量とすること。
1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。

副作用

比較的多いのは頭痛とほてり(潮紅)です。これらは有効成分シルデナフィルによる血管を広げる作用によるものなので2~3時間でたいてい治ります。

使用禁忌・併用禁忌

<禁忌>(次の患者には投与しないこと)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の患者
心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
重度の肝機能障害のある患者
低血圧の患者(血圧<90/50 mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧>170 mmHg 又は安静時拡張期血圧>100 mmHg)
脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]
アミオダロン塩酸塩(経口剤)を投与中の患者
可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の患者

使用にあたって注意事項

<生活上の注意>

性行為は心臓に負担をかけます。無理をしないようにしましょう。また、性行為感染症を防ぐことはできません。
めまいや視覚障害(色が変化して見えるなど)があらわれることがありますので、自動車や機械の運転操作をする場合には十分注意してください。
急激な視力低下や視力喪失などの症状があらわれたら、服用をやめ、すぐに眼科を受診してください。
パートナーに服用する(している)ことをお伝えください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。