03-XXXX-XXXX

Cart

LOX 2% Jelly (リドカインジェリー) 30g

LOX 2% Jelly (リドカインジェリー) 30g

¥1,880

キシロカインゼリーは有効成分としてリドカインを含有している表面麻酔用ゼリーです。
皮膚に直接塗布することで、痛覚をはじめとする感覚を一時的に麻痺させて無くす局所麻酔作用を発揮します。

比較する
カテゴリー:

Share this product

キシロカインゼリーは有効成分としてリドカインを含有している表面麻酔用ゼリーです。
皮膚に直接塗布することで、痛覚をはじめとする感覚を一時的に麻痺させて無くす局所麻酔作用を発揮します。
インドの有名製薬会社Neon Laboratoriesが製造販売しており、数多くの国に輸出されております。
国内で製造販売されている局所麻酔外用薬「キシロカインゼリー」と同等の薬剤です。

キシロカインゼリーは様々な部位の処置や治療において局所麻酔薬として使用することができます。
医療機関では主に皮膚の処置や簡単な手術、尿道や気管の挿管時、注射時、内視鏡検査時、激しい疼痛を伴う口内炎などの疼痛緩和目的で使用されます。

個人的な使用では、脱毛やタトゥーの施術時・その他レーザーを使用した施術・ピアスの穴開けなどの疼痛緩和目的におすすめです。

また、性交時の性交痛の緩和や早漏改善にも有効です。
早漏改善においては、ペニスに塗布することで感度を鈍らせて射精までの時間を延長します。
キシロカインゼリー(リドカイン)2%の効果・効能

表面麻酔

キシロカインゼリーは世界中の医療機関で、処置・検査・手術時などにおいて苦痛を無くすための局所麻酔薬として使用されます。
具体的には皮膚の処置や簡単な手術、尿道や気管の挿管時、注射時、内視鏡検査時などの疼痛緩和・潤滑目的です。

個人的に使用する場合は、主に脱毛・タトゥー・ピアス穴開けなどの施術時、注射時、痔の痛み、重度の口内炎、性交痛などの疼痛緩和に有効です。

キシロカインゼリー塗布後は数分で効果が発現し、1時間ほど持続します。
キシロカインゼリー(リドカイン)2%の有効成分

キシロカインゼリーは有効成分としてリドカイン塩酸塩2%を含有しております。

痛みのシグナルは痛みを生じた部位から神経を介して脳に伝わり、脳がそのシグナルを受け取ることで痛覚が発生する仕組みになっております。

そして痛みのシグナルが神経を通って脳に伝わる際にはNaイオンが関係します。
シグナルが起きると細胞の外側にいるNaイオンはNaチャネル(Naイオンが細胞内へ流入するための輸送体)によって細胞内へと流入し、Naイオンが細胞内に流入したことによって電気信号が発生し、シグナルは脳に伝わるのです。

リドカインはこのNaチャネルを阻害しNaイオンが細胞内に流入することを妨害することで、痛みのシグナルの伝達を遮断して痛みを感じなくさせます。

リドカインは局所麻酔薬の中でも最もメジャーな薬剤で、幅広い年齢層に用いられます。
用法と用量

[国内で製造販売されているキシロカインゼリーの添付文書上の記載]

キシロカインゼリーを有効成分リドカイン塩酸塩として、尿道麻酔には通常成人男性は200~300mg(10~15mL)、女性は60~100mg(3~5mL)を使用します。
気管内挿管には適当量を使用します。
年齢・麻酔領域・部位・組織・体質によって適宜増減します。
麻酔部位に応じて、できる限り必要最低限の量を使用します。必要以上に使用すると重大な副作用が現れる恐れがあるためです。
処置や検査に先立って使用します。
塗布後数分で麻酔効果が発揮されて1時間ほど持続するため、処置や検査の30分ほど前にキシロカインゼリーを使用することを推奨します。
麻酔効果の発現には個人差があります。(麻酔が効きにくい体質の方も一定数いらっしゃいます。)
持続時間は短めなので、麻酔効果が切れないうちに麻酔が必要な行為を完了させましょう。
早漏改善で使用する場合は、女性の性器にキシロカインゼリーが付着すると女性の感度も鈍ってしまうため、コンドームを着用するか性交前にゼリーを洗い流しておくことをお勧めします。

最大限の効果を得るために

麻酔効果の持続時間に限りがあるため、使用タイミングに注意してください。

副作用

副作用が現れることはごく稀ですが、以下の副作用に注意が必要です。

注意すべき副作用

アナフィラキシーショック(発疹、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・痺れ、唇や喉の腫れ、耳鳴り、徐脈・不整脈、胸苦しさ、呼吸困難、血圧低下など)
中毒症状(意識障害、振戦、痙攣、眠気、ふらつき、視覚障害など)

その他

眠気、不安、興奮、視覚障害、痺れ、眩暈、悪心嘔吐、浮腫、異常感覚、知覚・運動障害、蕁麻疹、発疹、皮膚症状

キシロカインゼリーを使用した後、身体に何らかの強い異常が現れた場合は使用を中止してすぐに医療機関を受診してください。
使用禁忌・併用禁忌

使用禁忌
以下に該当する方はキシロカインゼリーの使用を控えてください。

有効成分リドカインまたはアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴

慎重投与
以下に該当する方はキシロカインゼリーの使用に注意が必要です。必ず事前に医師に相談してください。

全身状態が不良
心刺激伝導障害
呼吸器疾患
重い肝機能障害
重い腎機能障害
肥満
ポルフィリン症
小児
高齢者
妊娠中・授乳中

併用禁忌薬は特にありませんが、以下の薬剤とは併用に関して注意が必要です。

オピオイド系の鎮静・鎮痛薬
アミオダロン(商品名アンカロン)などの抗不整脈薬

併用している薬がある方は必ず医師か薬剤師に伝え、併用の可否について確認してください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。